aFAX

取扱説明書 手順3(テスト)

超小型FAX受信転送機 aFAX

手順3

最後に、ルーターを再起動してください。これで、aFAXが動作を始めます。知人、友人からファクスを送ってもらうなどして、動作を確認してから運用を開始してください。

ルーターを再起動

接続が完了したら ルーターのACアダプターを抜き差しして、ルーターを再起動してください。ルーターの再起動には、1分近くかかります。

aFAXは、ブロードバンドルーターと連携して動作するネットワーク機器です。動作を確実なものにするため、ルーターの再起動を行なってください。

運用開始 これで、aFAXが動作を始めます。テストを行なったうえで、運用を開始してください。

運用開始直後の数回は、メールが届くまで数分かかる場合があります。これは、ネットワークの特性によるものであって、動作異常ではありません。次第に短くなり安定します。

スマホやパソコンにメールで届きます

受信FAXがPDFとなって、スマホやパソコンにメールで届きます。

メールの一例
題名 aFAX【 0748-58-2835 2015-01-25 15:17 】
本文 Hello! This is your aFAX, attached FAX in PDF format.

FAX-ID
 0748-58-2835
受信日時
 2015-01-25 15:17
枚数
 1枚

Your aFAX version : v3.30
添付ファイル PDFのアイコン

メールの題名は、FAX-ID、年月日、時刻で構成されます。題名を見ただけで、どこから、いつ届いたかが確認できます。

本文は簡素なテキストです。添付のPDFを開けばFAXです。

前面のブルーランプ

本体前面にブルーのランプがあります。その説明をもって、本取扱説明書は完了です。

aFAX前面パネルのブルーのランプ
起動 ACアダプターを接続すると、十数回点滅して起動します。
受信待機中 常時点灯
動作時 FAXの受信を開始すると点滅になり、メール転送が完了すると点灯に戻ります。
ネットワーク(LAN)の異常時 点滅継続、または、消灯

末永くご愛用ください。なお、万一、うまくいかない場合は、チェックをご参照ください。