aFAX

aFAXだけの特長

超小型FAX受信転送機 aFAX

専用機ならではの強みをご覧ください。

既存のFAX番号で使えます

ファクスの転送方法のひとつにインターネットFAXサービスがあります。NTTやKDDIをはじめ数多くの企業から提供されていて混戦状態です。

サービスに申し込みますと、専用のFAX番号が与えられます。NTTやKDDIの場合は、050番号です。つまり、FAX番号が変わります。

aFAXは、既存のFAX番号(現在のFAX番号)のままで使えます。周知された番号は、財産です。

月額料金はもちろん不要です

aFAXは機器であって、クラウドサービスではありませんから、機器代金だけで完結し、月額料金は不要です。

FAX通信は伝統的な固定回線による通信です。その固定回線に、直に接続する専用機の方式は、余計な固定費が発生することもなく、最も合理的(経済的)といえます。

試しに、aFAXの価格を60ヶ月(5年保証)で割り算してみてください。月額に換算することで、比較検討の目安になります。25,800円÷60ヶ月=430円(税込)。

他者依存せず自分の管理下におけます

機器であってクラウドサービスではありませんので、他者に依存せず自分の管理下におけます。コスト面だけでなくセキュリティ面でも有利です。

導入が済めば、黙々とFAX受信を支え続けます。メンテナンスフリーです。

超小型です

一般FAX機の小型化は進んでも、A4判用紙の横幅210mmより小さくすることは、できません。紙FAXの限界です。一方、aFAXの横幅はわずか85mm。超小型と呼ぶ所以です。

コンパクトなので、設置も移設も容易です。軽量なので、吊下げてご利用のユーザー様もいらっしゃいます。なお、吊下げ金具等はありませんので、ご自身で工夫してください。

業務仕様です

aFAXは、家電とは一線を画す、業務仕様です。仕様を見るときのポイントは圧縮方式です。

家庭用はMHですが、業務用はMH/MR/MMRです。家庭用の圧縮方式MHで受信すると通信時間が長くなり、相手側に負担を掛けます。ビジネスの現場には不向きです。

また、aFAXの添付ファイル形式はPDFです。TIFFやJPEGではありません。

5年保証です

aFAXは5年保証です。

なお、PC-FAXは便利ですが、受信には、パソコンを年中(24時間365日)起動しておかなければならず、セキュリティ面で心配です。送信は、その都度の起動なので、当社でも常用しています。FAX送信には、PC-FAXがおすすめです。

一方、aFAXは、固定電話機並みのシンプルな機器なので、5年間の連続稼働などは、いわば、当然のことです。実際、保証期間の5年を超えて安定稼働しています。

設定代行してお届けします

ご注文時に、FAX番号(FAX-IDとして使用)と転送先メールアドレスを入力いただき、設定代行してお届けします。

導入に当たっては、併用する既存FAX機の呼出回数を変更してください。既存FAX機が横取り受信しないようにするためです。

ご購入、ご使用の前には、取扱説明書をよくお読みください。

aFAXにケーブルを3本接続した様子です。