aFAX

取扱説明書 手順1(設定)

超小型FAX受信転送機 aFAX

手順1

まず、設定について説明します。

aFAXの設定

aFAXの設定 不要(※)

注文時に入力された内容で、設定済みでお届けしますので、面倒な設定は必要ありません。

※運用開始後の設定変更は、設定変更の手順をご覧ください。

併用FAX機の設定を変更する

aFAXを導入しますと、次のような関係になります。

  • aFAX=FAXを受信して転送する
  • 併用する既存FAX機=FAXは受信しない(aFAXにまかせる)

aFAXは呼出回数2回で受信を始めるようにしてありますので、既存FAX機の呼出回数を3回以上にしておけば、既存FAX機は受信(横取り受信)しないようにできます。

これは、普通の電話機の、親機と子機の関係と同じです。先に受話器を上げた方が通話できます。FAX機も同じ理屈です。

ただし、併用する既存FAX機の呼出回数は、余裕をみて、7回~8回に設定します(下表)。aFAXの動作をより確実なものにするためです。

必須です 併用する既存FAX機の呼出回数を、7回~8回に変更する

※呼出回数はFAXの送信には無関係です。呼出回数の変更が、既存FAX機のFAX送信に影響を与えることはありません。

※何らかの理由で既存FAX機も受信動作をすると、既存FAX機とaFAXが競合して、両方の動作が不安定になります。呼出回数を変更しても動作が不安定なときは、次もお読みください。

※FAX機の機種によっては、呼出回数の設定に関係なく、直ちに着信してしまうことがあります。これは、無鳴動受信親切受信おまかせ受信が設定されている場合です。FAX機の取扱説明書の索引で調べれば、すぐ分かりますので、解除してください。自動受信の解除が必要な機種もあります。詳しくは、FAX機のメーカーにお尋ねください。